×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

レズビアン・バイセクシュアル女性をはじめ、多様な女性の性と健康を応援します。

町家助産院

助産院とは、助産師が運営する施設のこと。HP 町家助産院は、インタ−ネット上のバ−チャル助産院。
セクシャル・マイノリティ、女性の性と健康を支援する活動情報をお知らせしています。
管理・運営は助産師の藤井ひろみが行っています。

お知らせtopics

   LGBTサポートブック: 学校・病院で必ず役立つ
大変ご好評をいただき、ありがとうございます。しばらく在庫切れだったそうですが、再々増刷(第3刷)が決まりましたので、今後とも臨床・隣地でご活用ください。2007年発行の「医療・看護スタッフのためのLGBTIサポートブック」から内容も大幅に改定して、さらにパワーアップした現場に役立つ実用的なサポートブックとなっておりますので、是非ご覧ください!
出版にあたってご協力頂きましたみなさまに深く感謝申し上げます。
  助産師になるには
ぺりかん社「なるにはBooks」シリーズ「助産師になるには」が近刊予定です!少年少女の夢を応援することを目的に刊行を開始し、現在150点刊行。現代社会のほとんどの職種をカバーする最大の職業ガイドシリーズに助産師が加わります!
講演予定
●2017年2月13日 神戸市学校園人権教育担当者会
「LGBTー学校現場で配慮すべきことー」(神戸)
●2017年6月4日 日本性科学会第46回セックス・カウンセリング研修会
「LGBTの健康をサポートする:レズビアンへの支援」(東京)
論文掲載 
●『助産師』(日本助産師会)2017年5月号掲載
「助産所助産師による会陰裂傷縫合の安全性と医師との連携の在り方に関する実証研究の結果からみる助産所助産師から会陰裂傷縫合を受けた女性たちの意見」
●『神戸市看護大学紀要 第21巻』2017年3月掲載
「妊婦健康診査における助産所助産師の妊婦に対する触れるケア:触れることに対する認識と正常逸脱時の対応」
    フォレンジック看護ー性暴力被害者支援の基本から実践まで
医歯薬出版より2016年8月刊行。「セクシュアル・マイノリティへの支援」分担執筆いたしました。実際の性暴力被害者支援の場面で役に立つ指南書として,誰でも理解できるようまとめられた入門書です。本邦初の実践書ですのですべての看護専門職・学生諸氏にぜひ一読いただけますように!
    パートナーシップ・生活と制度[結婚、事実婚、同性婚]
増補改訂版 が2016年9月に刊行されました。増補改訂版では、アメリカで同性婚が認められるなど、最近の世界各国における同性婚承認の動きや、日本国内では渋谷区や世田谷区での「同性パートナーシップ証明」の制定など社会的理解の進展を踏まえ、全面的に内容を改め増補しています。
  科目開講 
神戸市看護大学大学院博士前期課程で「ヒューマン・セクシュアリティ」という科目を開講しました。後期前半科目、10-11月の毎週月曜13:10-14:40。看護者にとって必要なセクシュアリティの理解を深め、文献レビューとケーススタディで実際の看護ケアを考えるといった内容です。*いまのところ一般の方は履修できません。(神戸市看護大学院生限定)
  研究助成
同性カップルと子どもに関する縦断調査:クイアな家族形成過程に対する支援の可能性」(2016/4/1-2021/3/31)
性的指向と性自認の人口学−日本における研究基盤の構築」(研究代表者 釜野さおり)連携研究者。資料:社会保障・人口問題研究所年報平成28年版(平成 28 〜 32 年度)
同性ケアとその根拠:レズビアンとケア提供者の相互作用からみた安全概念の検討」(2012/4/1-2017/3/31)
  LGBTQ医療看護連絡会」ではLGBTQの看護師助産師・保健師や医師、あるいはLGBTQと看護や医療の関連に関心ある方と、緩やかなネットワークを作っています。定例会を行っておりますので、Facebookページに是非ご参加下さい。
   研究資料公開中
●2015年3月14日 「日本性感染症学会 第20回兵庫県STI研究会」にて発表したの「女性間性行動・性感染症調査からみたレズビアン・バイセクシュアル女性のセクシュアリティ」のPPT資料を公開中です。(禁無断転載)
女性の同性間で性行動の傾向を分析し、メンタルヘルスなどその他の問題との関連や今後の課題を考察しています。


新着情報news

2017年2月18日
お知らせ・進行中プロジェクト・活動報告を更新しました。
2016年10月18日
お知らせ・活動報告を更新しました。